私の脇汗対策

脇汗対策

私の脇汗、ワキガ対策。

 

私は35歳の男性です。私はワキガです。気が付いたのは高校生の頃ですね。すぐに脇に汗をかいて、匂ってみると臭いのです。とても悩みましたね。高校生の頃といったらとても多感ですので、私は人生終わったような衝撃を受けましたね。しかし嘆いていても仕方がありません。高校生の頃は体をよく洗うという手立てしか思いつかなかったのですが、大学生になりアルバイトなどをしてお金が貯まりだすと、ワキガのケアを勉強しだしました。しかしワキガ手術は受けませんでした。なぜならデメリットが多かったからと、とても怖かったからです。デメリットというのは、傷跡が残るということと、ワキガはなおっても、スソワキガといってお股の部分が臭いだすという症状がでる場合があるということです。そこで私は制汗剤を使用してケアすることにしました。ドラッグストアにある商品をかたっぱしから購入して効果を調べましたね。ほとんどのものが付けた1,2時間後には効果がなくなり、匂いだすというものが多かったです。しかし1商品だけ効果が長続きする商品がありました。それは小林製薬さんのワキガードです。これはとてもいいです。ぜひ試していただきたい商品ですね。オススメです。

 

 

脇汗がすごい

 

自分はとても汗かきです。小さい頃からそうでしたが、大人になってさらに汗かきになったような気がします。自分はとても毛深いです。顔、足、腕、胸毛など。そういうこともあって毛穴も多いし、体温もあがるので、汗をかくんではないかとおもっています。それと、学生時代に激しいスポーツをしていて、それで汗をかきやすくなったとか、社会人になり学生の時ほどスポーツをやらなくなっても、食べる量はあまり変わっていません。だからすごいふとってしまいました。それも汗かきになった大きな経験だとおもいます。あせの中でも特に大量の汗をかくのが脇です。本当にとんでもない量の脇あせをかきます。
Tシャツを来て脇あせのシミができていたら、とてもはずかしいので、夏場は黒やネイビーのTシャツしかきれないです。グレーや淡い色のTシャツとかきたいのですか、とても残念です。
それと普段はほぼ私服で仕事をしているのてすが、たまに結婚式やら方法事でスーツわー着る機械があります。そんなときには普段は来てないせいもありとても緊張し脇あせが普段以上に出ます。
とくに夏場はスーツの上着を着ないといけないので、大変です。さらにそのあと上着を脱いでもいいような状況になっても、ワイシャツが脇あせのシミができているので、脱げないです。本当にこまっています。

 

脇汗の悩みからサヨナラする方法

 

私はかつて、勤務先の女性から、「汗臭いよ。消臭剤振ってきなさい。」と言われ続けていたことがあります。 夏は勿論のこと、冬でさえもです。 私自身、代謝が良すぎて、冬でも汗をかくほどです。 私は汗をかくこと、汗臭さがコンプレックスになりました。 私が対処した方法は以下5点です。 1つ目は、夏でも出勤2時間前にお風呂に入る事です。 理由は、入浴し汗を予め流しておくことで、悪臭となる汗を防ぐ事が出来るためです。 2つ目は、脇や耳裏など、リンパ腺のある部分に、ミョウバンを水で溶かした液体を塗る事です。 ミョウバン液をリンパ腺に塗ることで、爽快感があり、悪臭の元となる汗をさらに防ぐ事が出来ます。 3つ目は、時間に余裕を持って出勤する事です。 早めに職場に着く事で、勤務開始前に、悪臭対策が出来るからです。 4つ目は、予備の下着と靴下を用意しておく事です。 3つ目の悪臭対策の1つになりますが、出勤開始前にシャツと靴下を履き替えることで、脇と足に発生した汗の蒸れを防ぐ事が出来ます。 最後に5つ目は、タバコを吸わない事です。 タバコを吸うと、タバコ自体の臭いが原因で、悪臭が増すことがあるだけでなく、タバコを吸うと、体内の栄養状態が崩れ、体内の酸化が進むためです。

 

脇汗は夏が終わっても気になる厄介なもの

 

私は元々汗かき体質なので、暑い夏だけじゃなくても、暖房がちょっと強く利き過ぎていたりすると、いつの間にか汗がじんわりとしてしまいます。おでこ等の汗は外出先でもササっと拭けるので良いのですが、一番困るのが脇汗なのです。

 

脇汗はさすがに、何処でも拭けるわけではありませんからね。真夏は勿論ですが、秋冬でもバッグの中には必ず汗拭きシートを入れておきます。今の汗拭きシートは性能が良いので、拭き取っても白くなりにくく、さらっとした感触が持続する様になりましたね。

 

真冬で汗をかかない筈なのに、脇汗だけは湿っている事が多いので、そんな時はトイレに駆け込んで汗拭きシートで拭くとスッキリとします。意外と冬の方が脇汗が多い気がします。それは沢山洋服を着込むからなのかなぁって思いますね。

 

今では苦い思い出なのですが、若い頃に汗かきなのにも関わらず、真夏にグレーのカットソーを着てしまい、即行で脇汗が滲んでしまって悪目立ちしてかなり恥ずかしい思いをしました。グレーって本当に脇汗がダイレクトに目立つんですよね。それからはグレーの洋服が怖くて着れなくなりました。本当はグレーの服で良いデザインがあったりするので着たいのですが難しいですね。

 

参考:脇汗多汗症治療

 

死ぬまで手放せない脇汗防止の塗り薬

 

とにかく脇汗が酷くて、夏場はもちろんの事、冬場も脇汗に悩まされていました。
脇の臭い、汗の臭いも気になりましたが、とにかく脇汗が一番酷くて、白い洋服の脇の部分は黄ばんでしまう程でした。
私服は極力脇汗が目立たない色を選んで購入しました。白い服は買いませんでした。
しかし職場のブラウスは一番脇汗が目立つ色でした。
接客業の為、緊張すると汗をかき、色が変わった部分を見られるのが恥ずかしいと思うと、もっと汗をかくという悪循環。
動きもぎごちなく、脇の部分をくっつけたままの作業をしたりと本当に大変な思いをしていました。
季節や温度、緊張からくるので一年中悩んでいました。
色々な塗り薬や、スプレーなどを試してみましたがあまり効果はみられませんでした。
腋毛の脱毛も良いと言われていたので、脱毛も経験しましたが、あまり改善されませんでした。

 

ある日身内から、良い薬があるよと言われ、身内も脇汗に悩んでいたので(私程ではないですが)
その薬を試してみました。
「ODOREMIN」という緑色の小さな瓶に透明の液体が入っているのですが、これを脇の部分に塗って乾かすと
本当に脇汗が出ないのです。
一回塗って、3日間くらいは効果が持続します。臭いも何にも感じません。
今まで色々な物を試してきましたが、ようやく効果を感じられる物を見つけました。
薬を塗っていると、真夏グレーのTシャツを着ていても全く汗じみがないのです。
本当に嬉しくて、この薬に出会って本当に良かったと思います。
きっと死ぬまで手放さないと思います。

 

参考記事:http://脇汗対策.jp.net/

更新履歴