下着を工夫して脇汗対策をしよう

脇汗対策

女性にとって脇汗は、恥ずかしく感じる事の1つです。汗をかくことは普通の事で、顔などの汗はそれほど恥ずかしくないのに、それが脇汗となると話は別。なんとか隠したいと思うものです。汗を止めることは難しいので、今回は、なるべく周りに気付かれないようにするための脇汗対策を考えます。

 

汗をかいていても、他の人から見えなければ恥ずかしくないですよね。まず最初に活用できるのがやはり、制汗スプレーです。スプレーだけではなく、塗るタイプのものもありますので、スプレーの匂いや煙が苦手な場合は、塗るタイプがオススメです。基本的に少し汗をかくくらいの人であれば、これでだけで十分です。

 

次に出来るのが、脇汗パッドがついた下着を着用するか、洋服に付けるタイプの使い捨てパッドなどを活用することです。汗をかいてもそのパッドが汗を吸収してくれるので、表には見えずにすみます。ただ、袖の短いものや、キャミソールに少しパッドが付いているものなどは、汗かきの人にはほとんど意味がありません。

 

そのような人は、袖が長めでパッドが大きめのタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

オシャレな下着から、実用的な下着に変えるだけでも、脇汗対策には有効です。インターネットなどで見てみると、様々な種類のものを発見できますので、自分にあったものを探してみましょう。そして、なるべく脇汗を気にせず過ごしたいですね。

 

脇汗の洋服へのシミを目立たなくします。

 

脇汗は洋服へしみて、外から見られてとても恥ずかしいものです。
年中汗をかきますが、特に夏は汗をたくさんかきますし、薄着をしているため、洋服へのシミが目立ちがちです。

 

 

そこで、洋服へのシミを目立たなくさせる方法をご紹介します。
まずは洋服選びです。

 

色や素材的に、シミが目立たない洋服を着る必要があります。
また、袖が太い、全体的に緩めの洋服を着れば、洋服が直接脇に触れないため、汗をかいてもしみにくいです。

 

また、洋服が緩めのタイプの洋服であれば、風通しが良いため、汗をかいてもすぐに乾きやすいです。
屋内で過ごす場合は特に、上着を一枚羽織ることをおすすめします。

 

汗はどうしてもかいてしまいますし、どうしてもしみてしまうものなので、寧ろ汗はかくもの、しみるもの、と諦めて、それを目立たなくすることを考えるのです。
そのためには上着をきて、外への壁をつくるのです。

 

それでもしみてきてしまうことはありますが、これだけでだいぶ、外までシミが目立つことはなくなります。

 

他にも、汗をかいたなら洋服にしみる前に拭いてしまえば良いので、汗拭きシートを持ち歩いて、トイレに行く際などにはついでに拭くようにしましょう。
汗ジミは本当に恥ずかしいものですので、しっかり対策しましょう。